サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

「ふくおかインターネットテレビ」をリニューアルします。
これに伴い、6月23日で本サイトは終了し、

YouTubeチャンネル「ふくおかインターネットテレビ」(外部リンク)
YouTubeチャンネル「福岡県庁動画資料館」(外部リンク)
動画投稿を行ってまいります。チャンネル登録をよろしくお願いいたします。

イチジク「とよみつひめ」をご紹介!

再生時間
5分32秒
更新日
2018-11-08
タグ
果物

同じチャンネルの動画を見る

福岡県アンテナレストラン「福扇華」 料理編(再生時間52秒)

 福岡県では昨年11月に、東京都千代田区にアンテナレストラン「福扇華」を設置したところです。 「福扇華」は「『魅力あふれる福岡...

福岡県アンテナレストラン「福扇華」 おもてなし編(再生時間1分4秒)

 福岡県では昨年11月に、東京都千代田区にアンテナレストラン「福扇華」を設置したところです。 「福扇華」は「『魅力あふれる福岡...

福岡県アンテナレストラン「福扇華」 店舗編(再生時間1分44秒)

福岡県では昨年11月に、東京都千代田区にアンテナレストラン「福扇華」を設置したところです。 「福扇華」は「『魅力あふれる福岡』...

アンテナレストラン「福扇華(ふくおか)」をオープンしました(再生時間3分8秒)

 11月21日、東京都千代田区麹町に、福岡県のアンテナレストラン「福扇華(ふくおか)」がグランドオープンしました。  この「...

イチジク「とよみつひめ」をご紹介!(再生時間5分32秒)

イチジクの栽培面積全国第2位のイチジク大国、福岡県! そんな福岡県のオリジナルイチジク「とよみつひめ」の魅力を、生産者・選果場...

あなたにおすすめ

【岡澤アキラのふかぼりっ!福岡県】アキラ隊長、山に登る(再生時間13分50秒)

アキラ隊長自らが油山を登って、安全で楽しく登山するポイントをふかぼりっ! 春になり、山登りをより楽しめるシーズンがやってきまし...

【岡澤アキラのふかぼりっ!福岡県】コロナに感染された方のための宿泊療養施設(再生時間7分54秒)

今回は新型コロナウイルスに感染された方のための宿泊療養施設を取材し、どんな環境で過ごすのか?、費用はかかるのか?などの疑問につ...

立花宗茂と誾千代〜関ヶ原の戦いに敗れながら旧領再封した唯一の大名(再生時間14分15秒)

福岡は柳川に、数々の武勇を残した「立花宗茂(たちばなむねしげ)」という武将がいたことをご存じでしょうか? 福岡県では、この「立...

みんなで学ぼう ふくおかの水産業(再生時間13分11秒)

福岡県では3つの海域と筑後川を中心とする河川で漁業がいとなまれています。 私たちの食卓に新鮮な魚介類が並ぶには、どのように水産...

自殺予防相談窓口(生きづらびっと編)(再生時間15秒)

あなたのつらい気持ちを話せるSNS相談窓口です。 ○生きづらびっと https://yorisoi-chat.jp/

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

イチジクの栽培面積全国第2位のイチジク大国、福岡県!
そんな福岡県のオリジナルイチジク「とよみつひめ」の魅力を、生産者・選果場・販売所への取材を通して、皆さまにご紹介します!!

の画像

イチジクの栽培面積全国2位※を誇っている福岡県。

そんなイチジク大国の福岡県が平成18年に品種登録し、農林水産ブランドとしておススメしている福岡県オリジナルイチジク、「とよみつひめ」!

今回は、この「とよみつひめ」をご紹介します。

の画像

今回訪れたのは、「とよみつひめ」の県内有数の生産地の一つ、朝倉市です。
朝倉市では平成19年から「とよみつひめ」が栽培され、今年で12年目を迎えているそうです。

まずは、「とよみつひめ」の生産現場を見せていただけるということなので、さっそく行ってみましょう!

の画像

(桑原ナミ)
それでは、「とよみつひめ」のことを、生産者の内田さんにお聞きしたいと思います。

よろしくお願いします。

(内田さん)
よろしくお願いします。

(桑原ナミ)
「とよみつひめ」の名前なんですが、どのような意味があるんですか?

(内田さん)
とよみつひめは、三つの語源からなっています。
「とよ」は、福岡県の農林試験場がある豊前から取って豊。

(桑原ナミ)
豊前の「ぶ」をとって「とよ」

(内田さん)
「みつ(蜜)」は、甘くてとろけるような甘さがある。そのことで「みつ」。

「ひめ(姫)」は、卵型でころころして、赤紫色で非常に可愛いくなっている。ということで「ひめ」を付けて、「とよ」「みつ」「ひめ」と名前がつきました。

(リポーター)
なるほど。ほんとに可愛らしい「とよみつひめ」。ぴったりなネーミングですね。 ちなみに、「とよみつひめ」は他のイチジクとどんなところが違うんですか?

(内田さん)
一番違うのが糖度で、17度あります。
他の品種の糖度は15度くらいです。
この甘さが一番の「とよみつひめ」の売りになっています。
また、「とよみつひめ」は、肉厚です。
さらに、皮が薄くて口の中に入れると、とろけるような食感が味わえます。

それが一番のうりになってます。

(桑原ナミ)
食べてみたいですね。

(内田さん)
じゃ、食べてみましょうか。

の画像

(桑原ナミ)
とれました。

このままいっちゃってもいいですか?

綺麗です。鮮やかな赤です。

皮ごと大丈夫ですか?
がぶっといっちゃいます。

甘くて美味しいです。

(内田さん)
でしょ。

(桑原ナミ)
生産者の内田さんたちの思いが、この中にギュっとつまってますね。

(内田さん)
ありがとうございます。

(桑原ナミ)
おいしい。

(桑原ナミ)
収穫した「とよみつひめ」は、この後、どこに運ばれていくんですか?

(内田さん)
このあと、選果場搬入します。そこで、一手間二手間かけて、選別、パック、箱詰め、そしてトラックで搬送します。

(桑原ナミ)
一手間二手間…どんなことをしているんでしょうね。

の画像

(桑原ナミ)
ということで、早速選果場にやってきました。
案内していただくのは、JA筑前あさくらの江藤さん(JA筑前あさくら)です。よろしくお願いします。

(江藤さん)
よろしくお願いします。
この選果場では、各農家さんから送られてきた「とよみつひめ」を専科選別しています。露地栽培の「とよみつひめ」は、8月から11月ごろまで出荷しています。

ハウス物を含めると、5月から出荷しています。

(桑原ナミ)
長い期間購入することができるんですねー
ちなみに、内田さんから出荷の際に一手間かけているとお聞きしたんですが、どのようなことをされているんですか?

(江藤さん)
出荷の際に、光殺菌装置という機械に「とよみつひめ」を通して、赤外線と紫外線で果実表面を殺菌しています。また、生産から集荷、販売までを15度以下で管理するコールドチェーンシステムも導入しています。

(桑原ナミ)
なるほど!いろいろな工程を経て出荷されているんですね。そのおかげで、高い鮮度を保持したまま、遠くの消費者の方々にもおいしい「とよみつひめ」をお届けできるんですね。

(江藤さん)
そのとおりです!

の画像

この「とよみつひめ」ですが、朝倉市のファームステーションバサロや、三連水車の里などで購入することができます。
「とよみつひめ」を使ったジャムや、加工品も販売されていて、とっても人気なんですよ。

なお、「とよみつひめ」は、デザートだけでなくサラダなどにも使えるので、ご家庭で食べる際にはいろいろな食べ方にチャレンジしてみてください。

の画像

福岡県が太鼓判を押すこの「とよみつひめ」。
みなさんも、甘くておいしい「とよみつひめ」を、ぜひ食べてみてください!