サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

「ふくおかインターネットテレビ」をリニューアルします。
これに伴い、6月23日で本サイトは終了し、

YouTubeチャンネル「ふくおかインターネットテレビ」(外部リンク)
YouTubeチャンネル「福岡県庁動画資料館」(外部リンク)
動画投稿を行ってまいります。チャンネル登録をよろしくお願いいたします。

天然樟脳

再生時間
6分6秒
更新日
2018-03-16

同じチャンネルの動画を見る

今宿人形(再生時間3分9秒)

福岡県知事指定特産民工芸品「今宿人形」をご紹介します。 代表的なものに、火災・盗難よけの「猿面」や「笹野才蔵」、「おたふく面」な...

天然樟脳(再生時間6分6秒)

防虫剤などとして人々の暮らしを支え、現在では、アロマ(香料)としても 注目される福岡県知事指定特産民工芸品「天然樟脳」をご紹介し...

博多おきあげ~重なる布のぬくもりと美しさ 受け継がれる博多の押絵~(再生時間6分27秒)

布や綿を使い立体的に盛り上げる押絵細工、手描きの面相(顔)の繊細さが魅力的な福岡県知事指定特産民工芸品「博多おきあげ」をご紹介...

八女すだれ(再生時間4分37秒)

竹を使った工芸品の製造が盛んな八女地域で、古い歴史を持ち、一つ一つ緻密なで作業で作られる工芸品「八女すだれ」をご紹介します。

赤坂人形(再生時間5分41秒)

江戸時代、有馬藩の御用窯として栄えた赤坂焼の産地・筑後市赤坂に伝わる、素朴であたたかい土人形「赤坂人形」をご紹介します。

あなたにおすすめ

【岡澤アキラのふかぼりっ!福岡県】アキラ隊長、山に登る(再生時間13分50秒)

アキラ隊長自らが油山を登って、安全で楽しく登山するポイントをふかぼりっ! 春になり、山登りをより楽しめるシーズンがやってきまし...

【岡澤アキラのふかぼりっ!福岡県】コロナに感染された方のための宿泊療養施設(再生時間7分54秒)

今回は新型コロナウイルスに感染された方のための宿泊療養施設を取材し、どんな環境で過ごすのか?、費用はかかるのか?などの疑問につ...

みんなで学ぼう ふくおかの水産業(再生時間13分11秒)

福岡県では3つの海域と筑後川を中心とする河川で漁業がいとなまれています。 私たちの食卓に新鮮な魚介類が並ぶには、どのように水産...

立花宗茂と誾千代〜関ヶ原の戦いに敗れながら旧領再封した唯一の大名(再生時間14分15秒)

福岡は柳川に、数々の武勇を残した「立花宗茂(たちばなむねしげ)」という武将がいたことをご存じでしょうか? 福岡県では、この「立...

自殺予防相談窓口(生きづらびっと編)(再生時間15秒)

あなたのつらい気持ちを話せるSNS相談窓口です。 ○生きづらびっと https://yorisoi-chat.jp/

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

防虫剤などとして人々の暮らしを支え、現在では、アロマ(香料)としても 注目される福岡県知事指定特産民工芸品「天然樟脳」をご紹介します。

福岡県内では唯一、みやま市の内野樟脳で守られ続けています。

の画像

樟の香りが濃縮された、真っ白な結晶。
人の手により、手間と時間をかけ作り上げられます。
日本では古くから、服に虫を寄せ付けないとして「防虫剤」として、この樟脳が重宝されてきました。

この雪のように白く美しく、爽やかな香りの天然樟脳を、守り続ける工場が福岡県みやま市、瀬高にあります。

内野樟脳製作工場
ここで、天然樟脳の技を守り続けている人がいます。
内野和代さん。
たくさんの工程があり、重労働でもある天然樟脳づくりを一手に担っています。

 

の画像

内野さん)創業者が嘉永(かえい)の生まれなんです。
それからさかのぼって行くと150年くらいなります。
化学製品を一切使わず、水と炎だけで作ったものが天然樟脳になります。
今、天然の物が見直されつつありますよね。
それといっしょで天然樟脳は香そのものも優しいですし、樟脳を入れて保管していた衣類でも、出して風にさらしておくと、すぐに着ることができるというところが特徴です。

の画像

天然樟脳作りはまず、樟を仕入れることから始まります。
近くの神社などから、伐採を頼まれることもあるそうです。

仕入れた樟の丸太は適当な大きさにし、汚れのついた樹皮を削り取ります。

そして、この大きな原木を円盤切削機で細かくチップにしていきます。

高く積みあがった樟のチップからは、すでに、爽やかな、良い香りが漂っています。

出来上がったチップは大きな甑に詰め、竈に火を入れ、チップを入れ替えながら ゆっくりと時間をかけ蒸留していきます。
樟からあがった蒸気は、冷却層に流れ込みます。

そして、この冷却層を空けると、樟の結晶「樟脳」とアロマオイルとしても使われる樟脳油がたっぷりとたまっています。

冷却層からゆっくりと、丁寧に、この樟脳の結晶をすくい上げていきます。

最後に圧搾機で樟脳の結晶を絞り、油分と、水分を搾り取っていきます。

麻縄を解くと、雪のように真っ白な結晶が現れます。

最後に塊を割り、形を整え、商品に仕上げます。

樟が、この天然樟脳に姿を変えるまで、1週間。
長い時間と、手間ひま、そして内野さんの思いがこもった結晶なのです。

の画像

内野さん)こちらに戻ってきてからなので30年くらいやっています。
戻ってきたころは、職人さんが2人くらいいたので、最初は手伝い程度でしか関わってませんでした。 それが2人でやるようになって、自分が見てたことが今に繋がっています。チップづくりにしても、後ろでみていたんで…あーこういう時はこうするんだぁーっていうのは、見て覚えましたね。

見聞きですよね。
だからマニュアル本があるわけではないので、五感で覚えるしかないんです。
それを二人でやっていたおかげで、自然と身に付いた…だから今から思えば、それが良かった、ありがたいなぁって思いますね。
今は亡くなった主人と一緒にやってたころは、家業として軽い気持ちでやっていました。
それが天然樟脳、伝統工芸品と言われるようになって、少し肩の荷が重いなぁ~と思う部分もありました。
今は、素直に認めて、自分の身の丈でできることはやっていければいいなと思っています。
ありのままで、自分の出来ることを精一杯やるだけです。

の画像

内野さんが丹精を込め、守り続けている「天然樟脳」。
150年の歴史と伝統が凝縮された森の風のように優しく香る結晶です。