サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

博多おきあげ~重なる布のぬくもりと美しさ 受け継がれる博多の押絵~

再生時間
6分27秒
更新日
2018-02-07

同じチャンネルの動画を見る

第22回女性伝統工芸士展(再生時間3分34秒)

6月13日~18日、アクロス福岡で女性伝統工芸士・作家による作品を展示する「第22回女性伝統工芸士展」が開催されました。 会場...

今宿人形(再生時間3分9秒)

福岡県知事指定特産民工芸品「今宿人形」をご紹介します。 代表的なものに、火災・盗難よけの「猿面」や「笹野才蔵」、「おたふく面」な...

天然樟脳(再生時間6分6秒)

防虫剤などとして人々の暮らしを支え、現在では、アロマ(香料)としても 注目される福岡県知事指定特産民工芸品「天然樟脳」をご紹介し...

博多おきあげ~重なる布のぬくもりと美しさ 受け継がれる博多の押絵~(再生時間6分27秒)

布や綿を使い立体的に盛り上げる押絵細工、手描きの面相(顔)の繊細さが魅力的な福岡県知事指定特産民工芸品「博多おきあげ」をご紹介...

八女すだれ(再生時間4分37秒)

竹を使った工芸品の製造が盛んな八女地域で、古い歴史を持ち、一つ一つ緻密なで作業で作られる工芸品「八女すだれ」をご紹介します。

あなたにおすすめ

「ベトナム・ハノイフェア」を開催しました(再生時間2分46秒)

7月31日~8月1日、大丸福岡天神店エルガーラ・パサージュ広場で「ベトナム・ハノイフェア」を開催しました。 イベントステージや...

セミナー合宿「熟考!熟議!!ふくおか高校生知の創造塾!!」(再生時間2分41秒)

高校生が自ら課題を見つけ主体的に判断し、よりよく課題を解決する力を育成するため「熟考!熟議!!ふくおか高校生知の創造塾!!!」を開講...

自転車で行こう!~糸島観光めぐり~(再生時間7分42秒)

新鮮な農産物や海産物の直売所、工房やショップ、 カフェなどが点在している魅力いっぱいな『いとしま』をサイクリングしながら巡ります...

福岡県庁まるごと体験隊2018(再生時間2分25秒)

8月1日~24日の間、福岡県庁では夏休みの小学生を対象に「福岡県庁まるごと体験隊2018」を開催しています。 8月1日は、...

鐘崎盆踊り(再生時間25分37秒)

場所 宗像市鐘崎 時期 8月13~24日 指定名称(県指定)  鐘崎盆踊り

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

布や綿を使い立体的に盛り上げる押絵細工、手描きの面相(顔)の繊細さが魅力的な福岡県知事指定特産民工芸品「博多おきあげ」をご紹介します。

の画像

青井海優 )博多おきあげをご存知でしょうか。
羽子板や壁掛けなどに下絵を描き、布や綿を使い立体的に盛り上げる「押絵細工」。
この「押絵細工」のことを福岡では「おきあげ」と呼ぶそうです。

今回は、福岡県知事指定特産民工芸品、博多おきあげをご紹介します。

の画像

博多には女の子の誕生を祝しておきあげを贈る習慣がありました。
博多おきあげの魅力は手描きの面相の繊細さと豊かさにあります。
もともと、江戸時代に宮中の女官らによって作られており、明治、大正時代には、博多の女性の教養の一つでした。

の画像

青井 ) 清水さんです。 よろしくお願いします。
清水清子さん) よろしくお願いします。

青井 )博多おきあげは、色あざやかでとても可愛いですね。 おきあげの魅力はどういったところにあるのでしょうか?

清水さん) おきあげといわれる押絵の魅力は、面相。
顔は手描きです。 お顔が命なんです。

青井 )おきあげはどんな時に使ったり飾ったりするんですか?

清水さん ) 1月…女の子が産まれるとお祝いに羽子板を送ります。羽をついて厄を跳ね飛ばすという縁起物です。

3月はお雛様。これは歌舞伎を題材にしたお雛様が多いです。

青井 )博多おきあげには、ひとつひとう意味があるんですね。

制作するにあたって、思いやこだわりはありますか?

清水さん) 着物、帯、重ねといい裾や袖口の配色、襟にもこだわっています。
そして、色やガラをうまく組み合わせないと全体が映えません。
そこに私はすごくこだわっています。

組み合わせが大事ですね。

青井 )ガラだったり、色だったり…楽しいですか?

清水 )楽しいです。

今、教室をやっているので体験してみますか?

青井 )ぜひ、よろしくお願いします。

 

の画像

それでは早速教えてください。

清水さん)まず、この分解図を厚紙に写してください。

青井 )なぞるだけですよね。

清水さん )これを切ってください。
線の通りに切ってください。

滑らかに切るのがコツです。
頭が凸凹になってしまいます。

青井 )これ頭なんですね。

清水さん ) 曲線が大事です。

曲線が難しいですね。

青井 )とても難しいです。

みなさん、器用にやられるんですね。

清水さん )上手に切ってますよ。

これが部分のパーツです。
ここにボンドを付けて綿をつけます。

布を型紙よりも7㎜ぐらい大きめにに切ります。

できたら、ここにボンドを付けて、こうやって作っていきます。

これがこうなって、顔が付きました。
頭が付きます。体も付けます。
型に付けた赤い布をこうやって付けます。

このような手法で、博多おきあげは出来ていきます。

出来上がったらパーツを又組みますね。
それをここに張り付けて完成です。

の画像

青井 )3代目博多おきあげ職人の清水さんです。
よろしくお願いします。

清水裕美子さん )よろしくお願いします。

青井 )清水さんにとって博多おきあげとは、どのようなものですか?

清水裕美子さん )祖母から母へ、母から私へ継承された伝統を守りながら、今の時代に合った作品を作り博多おきあげの魅力を伝えていきたいと思います。

青井 )博多おきあげを継承したことで、苦労されたことはありますか?

清水裕美子さん )苦労というか、みなさんが喜んでくれるのがとてもうれしいです。
作品を作るにあたり、下調べからしなくてはいけない部分、そして衣装の合わせ方、表情の描き方、このあたりが苦労しています。

青井 )沢山ありますね!

清水裕美子さん )あります。

青井 )お婆さまからお母さま、お母さまから清水さんへのと継承された技が、ずっと続くといいですね。

の画像

博多おきあげをはじめとする福岡県の伝統工芸品は、アクロス福岡2階の匠ギャラリーや県庁11階の「福岡よかもんひろば」にて展示されています。

の画像
の画像

伝統の技を守りながら、緻密な手作業で丁寧に作られ、ぬくもりのある博多おきあげ。  いつまでも大切にしていきたいですね。