サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

宗像大社秋季大祭(10月1日みあれ祭~10月3日高宮神奈備祭)

再生時間
7分26秒
開催日
2017-10-01~2017-10-03
更新日
2017-11-14

同じチャンネルの動画を見る

森林セラピー基地豊前(枝川内あじさいコース)で森林セラピー体験!(再生時間7分40秒)

森の中に身を置き、森を楽しみながら歩いたり、運動をしたりする一歩進んだ森林浴、「森林セラピー」。 特定非営利活動法人森林セ...

歩いてめぐる福岡県! 九州オルレ 久留米・高良山コース(再生時間6分36秒)

九州オルレ久留米・高良山コースをご紹介します。 コースには、高良山の豊かな自然や国の重要文化財である高良大社など、 見どころが...

歩いてめぐる福岡県! 九州オルレ みやま・清水山コース(再生時間6分45秒)

山野を歩き、その土地の自然を体いっぱいに感じるトレッキングコース「オルレ」。 韓国・済州島発祥のオルレですが、九州でも姉妹版の...

宗像大社秋季大祭(10月1日みあれ祭~10月3日高宮神奈備祭)(再生時間7分26秒)

平成29年7月に世界遺産に登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」。 その構成資産である宗像大社の秋の大祭をご紹介...

芦屋の八朔行事(再生時間2分11秒)

県の無形文化財に指定されている芦屋町の「芦屋の八朔行事」をご紹介します。 八朔とは旧暦8月1日のことで、初めての八朔を迎え...

あなたにおすすめ

【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】地域の安心・安全を守るために~福岡県防犯リーダー養成講座~(再生時間4分0秒)

県では、県民の皆さんが安全で安心して暮らせる地域社会の実現に向け、地域の防犯活動を牽引するリーダーを育成する「防犯リーダー養成...

【福岡県庁知らせた課】安全と豊穣を願い、舞う~伝統行事・山野の楽~(再生時間4分0秒)

県指定無形民俗文化財である「山野の楽」は、水神に安全や豊穣を願う嘉麻市の伝統行事です。例年、秋分の日である9月23日に行われる祭事...

自転車で行こう!~糸島観光めぐり~(再生時間7分42秒)

新鮮な農産物や海産物の直売所、工房やショップ、 カフェなどが点在している魅力いっぱいな『いとしま』をサイクリングしながら巡ります...

早味かん(再生時間3分20秒)

とろけるような食感でジューシー! 県産みかんのトップバッター「早味かん」をご紹介します。

【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】北九州で生まれたユニークな凧~孫次凧~(再生時間4分0秒)

福岡県知事指定特産民工芸品は、福岡県で製造される郷土色豊かで技術・技法が50年以上の歴史があり、今日まで継続している工芸品・民...

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

平成29年7月に世界遺産に登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」。
その構成資産である宗像大社の秋の大祭をご紹介します。
10月1日の壮大な海上パレード「みあれ祭」による幕開けから、10月3日の
古式ゆかしい祭典「高宮神奈備祭」で幕を閉じるまで、3日間にわたり執り行われます。
 

宗像大社秋季大祭(10月1日みあれ祭~10月3日高宮神奈備祭)

「汝三神(いましみはしらのかみ) 宜(よろ)しく

道中(みちのなか)に降居(くだりま)して

天孫(あめみま)を助け奉(まつ)りて

天孫(あめみま)に祭(いつ)かれよ」

神勅とは日本神話『古事記』・『日本書紀』に記述されている

天照大神(アマテラスオオミカミ)の出された命令です。

 

福岡県宗像市。

 

玄界灘に浮かぶ沖の島「沖津宮(おきつぐう)」

沖合の大島「中津宮(なかつぐう)」

九州本土「辺津宮(へつぐう)」の三宮の総称『宗像大社』。

 

宗像大社にはその勅命を受けた三女神(さんじょしん)が

国家の守護神として崇敬(すうけい)され

祀(まつ)られています。

この宗像大社の最重要祭祀(さいし)が

宗像大社秋季大祭です。

10月1日から3日まで行われる

宗像大社秋季大祭は

「国家の安泰・五穀豊穣を感謝し人々がともに喜びを分かち合う神事です。

10月1日、秋季大祭の幕開けを飾る海上パレード“みあれ祭”。

沖ノ島沖津宮と大島中津宮の御分霊を

年に一度、総社である辺津宮にお迎えする神事です。

御神輿(御神輿(おみこし)を乗せた二隻の「御座船(おざふね)」に、

宗像七浦の漁船約(およそ)200隻が船団を組んでお供(供奉/ぐぶ)し繰り広げる壮麗な海上絵巻で

漁師たちが一年の豊漁と安全に感謝する秋の訪れを告げる神事としても知られています。

宗像三宮の御分霊が辺津宮に入御(入御(にゅうぎょ)されると「主基地方風俗舞(すきちほうふうぞくまい)」が奉奏されます。

2日。

早朝より流鏑馬神事(やぶさめしんじ)が奉納されます。

神門前に設けられた馬場道を3頭が疾走、高さ7メートルの的に向かって矢を放ちます。

その年の豊作を占うとともに矢は災難消除(さいなんしょうじょ)のお守りになると言われています。

10月2日の例祭では翁舞(おきなまい)が奉奏されます。

鐘崎の岬沖から鐘を引き上げようとしたら、鐘は揚がらず代わりに翁面(おきなめん)が海中から浮き上がったとされる伝説に基づき奉納される舞です。

3日。浦安舞(うらやすまい)。

昭和天皇御製(ぎょせい)の詞(うた)に曲と振りをつけた舞で、地元玄海中学校の2年生女子4名ににより奉奏(ほうそう)されます。

その後、高宮祭・第二宮祭・第三宮祭などの祭事がとり行われます。

3日夕刻

高宮神奈備祭(たかみやかんなびさい)は秋季大祭を締めくくる祭典です。

“みあれ祭”でお迎えした宗像三神に秋祭りの無事斎行(さいこう)を感謝すると共に、

新たな霊力を戴(いただ)かれた宗像三神の神威(しんい)の無窮(むきゅう)を祈念する神事です。

高宮祭場での悠久舞(は薄暮の幻想的な祭典です。

古代、沖ノ島で大和朝廷による航海の安全を司り道主貴(みちぬしのむち)と称され、今でも“交通安全”の神様として知られる宗像大社。

宗像大社秋季大祭は3日間でさまざまな神事が行われ、今も多くの人々から篤(あつ)く崇敬(すうけい)されています。

マップ

周辺の動画

海の道むなかた館(再生時間2分25秒)

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議

海の道むなかた館(再生時間2分5秒)

「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産委員会インターネット中継視聴会

海の道むなかた(再生時間8分14秒)

宗像・福津を巡る旅~宗像・沖ノ島と関連遺産群~