サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

高校生ICT Conference 2017 in 福岡

再生時間
4分11秒
更新日
2017-09-08

同じチャンネルの動画を見る

多様性を認め合う社会を目指して~LGBTフレンドリーなまちづくりを目指したセミナー~(再生時間2分13秒)

県では、性的少数者に対する正しい理解と認識を深め、安心して生活し、活躍できる社会 の実現に向けた取り組みを進めています。 12...

東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー フラッグ歓迎イベント(再生時間4分46秒)

1月9日、東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーフラッグ歓迎イベント・展示が福岡県朝倉市で開催されました。 東京...

平成29年度ふくおか共助社会づくり表彰(再生時間4分8秒)

県では、地域課題を解決するサービスの担い手として期待される、NPO・ボランティアの社会的な信頼性向上を図り、共助社会づくりに資...

平成29年 県政10大ニュース(再生時間18分6秒)

平成29年 県政10大ニュースを映像でご紹介します!

第37回 全国豊かな海づくり大会 福岡大会(再生時間6分44秒)

平成29年10月、天皇皇后両陛下のご臨席のもと「第37回全国豊かな海づくり大会 福岡大会」が 開催されました。 福岡県では大会を...

あなたにおすすめ

多様性を認め合う社会を目指して~LGBTフレンドリーなまちづくりを目指したセミナー~(再生時間2分13秒)

県では、性的少数者に対する正しい理解と認識を深め、安心して生活し、活躍できる社会 の実現に向けた取り組みを進めています。 12...

あなたの働きたいを応援します! 福岡県の就職支援(再生時間8分51秒)

福岡県では、さまざまな年齢、環境の方に応じてきめ細かな就職支援を行っています。 福岡県が行う就職支援を担う8つのセンターをご紹...

【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】知事のふるさと訪問~広川町~(再生時間4分0秒)

知事が県内各地に出向いて直接県民の皆さんとふれあい、皆さんの声に耳を傾けて意見を交換する「知事のふるさと訪問」。今回は、広川町...

平成30年1月11日知事定例記者会見(再生時間27分50秒)

発表事項 ・第5回福岡県「まごころ製品」大規模販売会 ~約1,200種類、56,000個の「まごころ製品」が大集合~

自転車で行こう!~糸島観光めぐり~(再生時間7分42秒)

新鮮な農産物や海産物の直売所、工房やショップ、 カフェなどが点在している魅力いっぱいな『いとしま』をサイクリングしながら巡ります...

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

8月26日、「高校生ICT Conference 2017 in 福岡」が開催されました。
ICT(Information and Communication Technology)とは、情報通信技術のことで、「高校生 ICT Conference」は、高校生が、身近なスマホやインターネットについて 学び、議論することで、適正利用を実践するきっかけを作り、将来のより良いインターネッ ト 利用環境の構築の一助にしようと毎年開催されています。

今後も県では、青少年のインターネットの適正利用に向けた啓発や環境整備など、さまざまな施策に官民一体となって取り組んでいきます。

の画像

近年、インターネットによるいじめや中傷、犯罪被害などの問題が起きています。
福岡県では、インターネットやスマートフォンの利用によるトラブルから青少年を守るとともに、安全で安心して適切に利用できるよう、教育機関や通信事業者、NPO、行政機関などで構成する「福岡県青少年インターネット適正利用推進協議会」を設置し、官民一体となって、啓発や環境整備に取り組んでいます。

こうした取り組みの一環として、 8月26日福岡市中央区の都久志会館において、「高校生ICT Conference 2017 in 福岡」が開催されました。

「高校生 ICT Conference」は、高校生がインターネットやスマートフォンの安全で安心な利用について、自ら考え、議論し、発表する全国的な取組みで、福岡県での地区開催は今年で3回目となります。

まず、「ICTを活用した未来がどうなればいいか想像してみよう」と題し、事業者によるミニ講演が行われました。

続いて、県内各地から集まった12校47名の高校生が、グループに分かれて、「生活をより良くするために、どのようにICTを活用すればよいか」をテーマに、良い面、悪い面を考えながら、意見を出しあい、活発な議論を交わしました。

最後に、各グループによる提言の発表が行われました。

各グループは、議論した内容について、みんなで協力し工夫しながら、 ”駅や病院・ショッピングモールの床面を利用した液晶表示による情報提供システム”や ”スマートフォンを利用しているのか、依存しているのか、という寸劇を交え” どのようにしたらネットやスマホが「心豊かな」生活を作り出せるのか!という判りやすい発表に取り組みました。

発表の後、投票で選ばれた代表校の生徒は、11月3日に東京で開催されるサミットに参加し、全国各地区代表の高校生と議論し、総務省や文部科学省などに全国の高校生の意見や提言を届けます。

(参加者=代表校3人/博多青松校の感想を伺いました。)

私は初めてICTカンファレンスに参加しましたが とても楽しく話ができ班のみんなともなかよくなれて とても緊張しましたが良い経験になりました。

私は今年で2回目の参加でしたが去年よりも自分の意思をシッカリ言うことができ 良かったです。

このICTカンファレンスで学んだことを学校生活だったり 日常生活で活かしていければ良いと思います。

この取組みは、次世代を担う高校生が自ら ICT「Information and Communication Technology (インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)」の 安全で安心な利用を考える機会とすることを目的としています。

マップ

周辺の動画

都久志会館(再生時間3分6秒)

平成29年度福岡県飲酒運転撲滅県民大会

都久志会館(再生時間38分38秒)

飲酒運転撲滅講演会(平成29年2月27日)

都久志会館(再生時間4分44秒)

福岡県飲酒運転撲滅県民大会