サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

芦屋の八朔行事

再生時間
2分11秒
更新日
2017-09-14

同じチャンネルの動画を見る

歩いてめぐる福岡県! 九州オルレ 久留米・高良山コース(再生時間6分36秒)

九州オルレ久留米・高良山コースをご紹介します。 コースには、高良山の豊かな自然や国の重要文化財である高良大社など、 見どころが...

歩いてめぐる福岡県! 九州オルレ みやま・清水山コース(再生時間6分45秒)

山野を歩き、その土地の自然を体いっぱいに感じるトレッキングコース「オルレ」。 韓国・済州島発祥のオルレですが、九州でも姉妹版の...

宗像大社秋季大祭(10月1日みあれ祭~10月3日高宮神奈備祭)(再生時間7分26秒)

平成29年7月に世界遺産に登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」。 その構成資産である宗像大社の秋の大祭をご紹介...

芦屋の八朔行事(再生時間2分11秒)

県の無形文化財に指定されている芦屋町の「芦屋の八朔行事」をご紹介します。 八朔とは旧暦8月1日のことで、初めての八朔を迎え...

水田天満宮「千燈明」(再生時間3分50秒)

県の無形文化財に指定されている筑後市 水田天満宮の「千燈明」をご紹介します。 水田天満宮千灯明花火大祭として、毎年8月25日...

あなたにおすすめ

【福岡県庁知らせた課】基本を学び、災害に備えよう~福岡県防災ハンドブックが完成~(再生時間4分0秒)

災害は、「とき」「ところ」「ひと」を選びません。日頃の備えが大切です。 今回は、県が作成した、災害時にすぐに活用できるさまざ...

【福岡県庁知らせた課】女性ならではの感性で生み出す伝統的工芸品~博多織・八女提灯~(再生時間4分0秒)

県内には、経済産業大臣が指定した7つの伝統的工芸品があり、伝統工芸士と呼ばれる職人が、今もその魅力を伝え続けています。 今回...

& SAKE FUKUOKA(再生時間3分46秒)

5月26日~5月27日、福岡国際センターで県産酒の認知度向上を図るため、福岡史上最大の酒イベントが初めて開催されました。 福岡...

DV防止啓発CM「愛情がズレただけ?いいえ、それは暴力です」(再生時間15秒)

DVとは「ドメスティック・バイオレンス」の略で、配偶者や恋人から受ける暴力です。 DVは犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害で...

九州ロゴマーク正式発表(再生時間2分25秒)

5月23日、佐賀市で「九州ロゴマークの正式発表」が行われました。 福岡県では、今後も九州各県などと連携し、九州ロゴマークを活用...

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

県の無形文化財に指定されている芦屋町の「芦屋の八朔行事」をご紹介します。

八朔とは旧暦8月1日のことで、初めての八朔を迎える子どものいる家で、子どもの成長を祈願してワラ馬やダゴビイナと呼ばれる作り物を製作し、 それらを飾った後、親類や近所の人々に配るという風習です。

現在は9月1日から2日にかけて行われており、国の記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財(選択無形民俗文化財)にも指定されています。

場所:福岡県芦屋町
時期:9月1日、2日
指定名称:芦屋の八朔行事

の画像

福岡県遠賀郡芦屋町。

稲穂が実る初秋、9月1日。
およそ300年の歴史を受け継ぐ伝統行事「八朔の節句」が行われました。

八朔とは旧暦8月1日のことで、現在は9月1日、2日に行事が行われています。
初めての八朔を迎える子どものいる家で、子どもの成長を祈願して作り物を製作し、9月1日に飾り、翌2日に 近所の人々に配るという風習があります。

男子のいる家では、ワラを束ねてつくった馬に、和紙の武者人形を乗せ、戦国時代の有名な武将の旗を立てたワラ馬を飾ります。
わが子が馬に乗れる身分に出世するようにという願いが込められています。

女子のいる家では、米粉を蒸して団子にし、彩色したダゴビイナ(だんご雛)を飾ります。

ワラ馬は刈り取った稲わらを霧吹きで湿し、木づちでたたいて柔らかくしてから、たこ糸で縛って 高さ20センチほどの馬の形に仕上げます。

翌2日には近所の子どもたちに、わら馬やだんご雛を分け与えて、仲間に入れてもらうよう紹介します。

「芦屋の八朔行事」は地域の子どもたちの健やかな成長を願いこれからも受け継がれて行きます。

マップ

周辺の動画

堂山と洞山(再生時間5分30秒)

潮風満喫の旅~岡垣・芦屋~

福岡障害者職業能力開発校(再生時間2分48秒)

第36回アビリンピック福岡2014

ぶどうの樹ほっこり農園(再生時間4分5秒)

遠賀・中間連携プロジェクト「流イキッズ交流会」