サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

“でんけん”に行こう 〜伝統的建造物群保存地区・筑後吉井地区〜

再生時間
4分29秒
更新日
2017-04-19

同じチャンネルの動画を見る

芦屋の八朔行事(再生時間2分11秒)

県の無形文化財に指定されている芦屋町の「芦屋の八朔行事」をご紹介します。 八朔とは旧暦8月1日のことで、初めての八朔を迎え...

水田天満宮「千燈明」(再生時間3分50秒)

県の無形文化財に指定されている筑後市 水田天満宮の「千燈明」をご紹介します。 水田天満宮千灯明花火大祭として、毎年8月25日...

“でんけん”に行こう ~伝統的建造物群保存地区・新川田籠地区~(再生時間4分8秒)

国が定める重要伝統的建造物群保存地区(通称伝建地区)は、全国で115カ所、 福岡県内では5カ所が指定されています。(平成29年8...

深江の川祭り(再生時間2分16秒)

県の無形文化財に指定されている糸島市の「深江の川祭り」をご紹介します。 深江の川祭りは、10メートル前後の大竹を海岸や川べり...

山ほめ祭(4月15日 山誉種蒔漁猟祭)(再生時間3分57秒)

県の無形文化財に指定されている福岡市の「山ほめ祭(4月15日 山誉種蒔漁猟祭)」をご 紹介します。 山ほめ祭は志賀海神社の背後に...

あなたにおすすめ

福岡県働き方改革推進大会(再生時間2分41秒)

9月8日、「福岡県働き方改革推進大会」が福岡市で開催されました。 この大会は、長時間労働を是正し、ワーク・ライフ・バランスの...

あなたの働きたいを応援します! 福岡県の就職支援(再生時間8分51秒)

福岡県では、さまざまな年齢、環境の方に応じてきめ細かな就職支援を行っています。 福岡県が行う就職支援を担う8つのセンターをご紹...

高校生ICT Conference 2017 in 福岡(再生時間4分11秒)

8月26日、「高校生ICT Conference 2017 in 福岡」が開催されました。 ICT(Information and Communication Technology)とは、情報...

福岡 宗像の「アナゴ」(再生時間3分44秒)

福岡県では、実はアナゴがたくさん取れることを、皆さんご存知でしょうか? 特に、宗像市の鐘崎漁港は県内でアナゴの水揚げ量が最も多...

自転車で行こう!~糸島観光めぐり~(再生時間7分42秒)

新鮮な農産物や海産物の直売所、工房やショップ、 カフェなどが点在している魅力いっぱいな『いとしま』をサイクリングしながら巡ります...

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

国が定める重要伝統的建造物群保存地区(通称伝建地区)は、全国で110カ所、福岡県 内では5カ所が指定されています。
伝建地区は、家屋だけでなく、景観や水路など、集落として歴史的価値が高い地区です。
今回は、県内の保存地区5カ所のうち、うきは市・筑後吉井地区をご紹介します。

の画像

福岡県南東部の筑後川中流域に位置する、うきは市吉井町。
ここは、江戸時代に城下町久留米と天領日田を結ぶ豊後街道の宿として栄えた町です。
当時の風情が現在にも残り、
その美しい街並みは、伝統的建造物群保存地区に指定されています。
今回は、そんな“でんけん”のまち、筑後吉井を散策します。
 
うきは市吉井町は福岡県南東部の筑後川中域に位置しています。
うきは市吉井町のほぼ中央部にある筑後吉井保存地区は、豊後街道の街路沿いに漆喰塗の重厚な町屋が連続する町並みと災除川(さいのきがわ)と南新川沿いに広がる屋敷群からなります。
明治2年(1869)の大火をきっかけとして、草葺きの町屋にかわって瓦葺土蔵造(かわらぶきどぞうふくり)が普及し、経済の最盛期であった大正期に現在の町並みのほとんどが形成されました。
約250件の伝統的建造物と屋敷庭園及び川沿いの樹木については、保存の処置が取られています。
ここ筑後吉井保存地区では、毎年2月中旬から4月にかけて沢山の観光客で賑わいます。
「筑後吉井おひなさまめぐり」です。
 
うきは市吉井町内の旧家、町在住者が所蔵する数々のおひなさまが、各家々や商店、旧家、公共施設に展示されます。
観光会館「土蔵」です。
この建物は、老朽化していた旧酒蔵を改修したもので、現在は観光会館として使用されています。
 
故・金子文夫氏秘蔵のお雛様や、江戸時代のお雛様が公開されています。
林肥料店です。
 
お米や、肥料を取り扱っており、現在も店舗として使用されている建物は、およそ150年前に建てられたものです。
ここでは、およそ120年前の「おきあげ」を見ることができます。
白花綜です。
 
ここはかつて、乾物魚類問屋として筑後一円に知られた「松源商店」の建物で、現在は街並み交流館 商家 白花綜として一般公開されています。ここでは、蔵から見つかったお雛様をはじめ、沢山のひな人形が展示されています。
筑後吉井保存地区は、町屋や土蔵が連続する町並み…
そして、豊かな緑に包まれた屋敷や社寺建築…
経済基盤を支えてきた河川や水路などが一体となって歴史的風致を形成しています。
 
筑後地方の商業都市として、特色ある歴史的景観を伝えている、福岡県うきは市筑後吉井。
 
今も残る古い町並は、次の世代に残したい日本の大切な
遺産です。是非、まちを歩いて、いにしえの風を感じてください。
 

マップ

周辺の動画

観光会館「土蔵」(再生時間4分30秒)

筑後吉井おひなさまめぐり

九州自然王国 ちくご手づくり村(再生時間5分53秒)

ラー麦

朝倉三連水車(再生時間3分49秒)

朝倉三連水車