サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

大善寺玉垂宮の鬼夜

再生時間
7分40秒
更新日
2016-03-01

同じチャンネルの動画を見る

森林セラピー基地豊前(枝川内あじさいコース)で森林セラピー体験!(再生時間7分40秒)

森の中に身を置き、森を楽しみながら歩いたり、運動をしたりする一歩進んだ森林浴、「森林セラピー」。 特定非営利活動法人森林セ...

歩いてめぐる福岡県! 九州オルレ 久留米・高良山コース(再生時間6分36秒)

九州オルレ久留米・高良山コースをご紹介します。 コースには、高良山の豊かな自然や国の重要文化財である高良大社など、 見どころが...

歩いてめぐる福岡県! 九州オルレ みやま・清水山コース(再生時間6分45秒)

山野を歩き、その土地の自然を体いっぱいに感じるトレッキングコース「オルレ」。 韓国・済州島発祥のオルレですが、九州でも姉妹版の...

宗像大社秋季大祭(10月1日みあれ祭~10月3日高宮神奈備祭)(再生時間7分26秒)

平成29年7月に世界遺産に登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」。 その構成資産である宗像大社の秋の大祭をご紹介...

芦屋の八朔行事(再生時間2分11秒)

県の無形文化財に指定されている芦屋町の「芦屋の八朔行事」をご紹介します。 八朔とは旧暦8月1日のことで、初めての八朔を迎え...

あなたにおすすめ

福岡県立八幡中央高等学校書道部 書道パフォーマンス(再生時間6分8秒)

8月29日、福岡県庁で、福岡県立八幡中央高等学校 書道部による書道パフォーマンスが行われました。 福岡県立八幡中央高等学校 ...

【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】福岡大好き!サークル“ふくおか研”始動!(再生時間4分0秒)

今回から始まる「飛び出せ!サークル“ふくおか研”」。大学生リポーターが県内各地に飛び出し、県の魅力や取り組みを学びな...

自転車で行こう!~糸島観光めぐり~(再生時間7分42秒)

新鮮な農産物や海産物の直売所、工房やショップ、 カフェなどが点在している魅力いっぱいな『いとしま』をサイクリングしながら巡ります...

【福岡県庁知らせた課】地域の”猫”問題解決します~地域猫活動サポーター~(再生時間4分0秒)

近年、飼い主がいない猫によるふん尿や鳴き声などが、地域で問題となっています。 今回の番組では、このような飼い主がいない猫によ...

戸畑祇園大山笠(再生時間6分0秒)

国指定の重要無形民俗文化財であり、福岡県の夏の三大祭の1つ、戸畑祇園 大山笠をご紹介します。

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

国指定の重要無形民俗文化財の伝統行事「大善寺玉垂宮の鬼夜」をご紹介します。
久留米市の大善寺玉垂宮で毎年1月7日に行われる鬼夜は、日本三大火祭りの一つに数え られ、1600年余りの歴史を持ちます。
大松明の火をあびると無病息災といわれ、日本一の大松明と燃え盛る炎、そして勇壮な裸 の男たちの神事に、毎年多くの方が訪れます。

場所 久留米市大善寺
時期 1月7日
指定名称(国指定) 大善寺玉垂宮の鬼夜

大善寺玉垂宮の鬼夜

大善寺玉垂宮の鬼夜の画像

天下泰平・五穀豊穣・家内安全などを祈願をする 「大善寺玉垂宮の鬼夜(オニヨ)」。

日本一の松明と燃え盛る炎。 それを取り巻く勇壮な裸の男たち。

1600年余りの歴史を持ち、日本三大火祭りの一つに 数えられる筑後を代表する祭りです。

大善寺玉垂宮

大善寺玉垂宮の画像

玉垂宮は、久留米市大善寺町に鎮座しています。
祭神は、玉垂命(たまたれのみこと)、八幡大神(はちまんおおかみ)、住吉大神(すみよしのおおかみ)で、創祀(そうし)はおよそ1,900年前と伝えられています。

672年に、法相宗の僧、安泰によって 大善寺が開基されると、玉垂宮は、寺院と神社が一つに祀られた神仏習合の神社として長い間、信仰を集めてきました。

1869年、廃仏毀釈により大善寺は廃され玉垂宮のみが残り、現在に至っています。

大松明

大松明の画像

大善寺玉垂宮の鬼夜は、大晦日の夜から正月7日まで行われる「鬼会(オニエ)」の最終日に行われます。
そのクライマックスが、燃え盛る大松明廻しです。

大松明は直径約1m、長さ約13m、重さ約1.2トンで、6本もあります。大善寺町の住民が毎年1月4日に作りあげています。

鬼麺尊神の神事

鬼麺尊神の神事の画像

この日最初の神事は、「鬼面尊神事(キメンソンシンジ)」です。神社から迎えを受けた赤司家と川原家の人たちによって鬼面尊の面が本殿から阿弥陀堂へ 奉遷されます。このなかで種蒔き行事も行われます。

日暮れとともに褌姿の若衆が境内に集まってきます。

大松明の組ごとに宮前を流れる川で身体を清めますをとります。シオイカキです。

若衆は、小松明を持って気勢を上げながら駆け足で 2度、本殿との間を往復します。

夜9時過ぎ。明かりがすべて消され、松明揃えが行われます。一番組から大松明に向かい、6つの組が揃ったところで、本殿に保存されていた鬼火が運ばれ大松明に点火されます。

鉾面神事

鉾面神事の画像

その大松明の明かりの下で行われるのが鉾面神事です。赤・青の天狗による相克の「魔払い神事」で、鬼夜の起源を表すとも言われています。
「ほことった!」

鬼の面を被った2人から鉾を奪い取る「ほことった」。
「面とった!」

被った面を奪い取る「めんとった」
「そらぬいだ!」

腰に帯びた刀を抜く「そらぬいだ」という3つの儀式からなります。

大松明回し

大松明回しの画像

鉾面行事が終わると、大松明回しが始まります。
紅の炎を上げて燃え上がり、それを数百人の締め込み姿の氏子若衆が、「カリマタ(先が二又になった樫の棒)」で支えます。

大松明は本殿と阿弥陀堂・鐘楼を取り巻くように 右回りに一番松明が1回、その他は2回まわります。

松明まわしが始まるに先立って、麻の被り物を着けたシャグマの子どもたちが阿弥陀堂の板壁を叩いて 中の鬼の出現を促します。
その後お堂を出た鬼は、タイマツマワシの闇を縫って阿弥陀堂の周囲を7回半 右回りに回ります。

この鬼の堂回りが終わると、一番松明が「惣門くぐり」を行います。これは、一番松明だけの特権で、燃え盛る大松明が狭い惣門をくぐり抜けます。

鬼は、密かに汐井場で禊をし、神殿に帰り、 鐘が打たれると、行事が終わります。

大松明の火をあびると無病息災といわれ、毎年、家内安全、災難消除、開運招福を祈願する多くの方々で賑わいます。

マップ

周辺の動画

(再生時間5分10秒)

城島酒蔵びらき

赤坂飴本舗(再生時間5分41秒)

赤坂人形

久留米シティプラザ(再生時間3分8秒)

秋の交通安全フェアin久留米