サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

洋ラン

再生時間
4分17秒
更新日
2016-02-17
タグ
糸島市

同じチャンネルの動画を見る

洋ラン(再生時間4分17秒)

福岡県は日本でも有数の洋ランの産地で、昭和30年代から栽培が始まりました。 出荷まで半年~2年半と長い年月がかかる洋ラン。 ...

シクラメン (再生時間4分58秒)

花が少ない冬、見事な花を咲かせ私たちを楽しませてくれるシクラメンを今回はご紹介します。

ホオズキ(再生時間3分22秒)

夏を彩る真っ赤なホオズキは、お盆の風物ですね。福岡県が開発した新種のホオズキもあわせてご紹介します。

福岡のゆり(再生時間6分37秒)

古くから美しさの象徴とされ、愛されてきたゆりの花。 今回はうきは市を訪れ、強く美しい福岡のゆりをご紹介します。

福岡のバラ(再生時間7分15秒)

福岡県はバラの作付面積、出荷量、産出額で、いずれも全国3位を誇るバラの生産県です。今回は、『福岡県のバラ』をご紹介します。

あなたにおすすめ

Food EXPO Kyushu 2017(再生時間4分7秒)

「Food EXPO Kyushu 2017 九州うまいもの大食堂」が今年も、10月6日から9日まで、 天神中央公園で開催されました。 九州の食を世界に...

【福岡県庁知らせた課】朝倉地域を巡り、楽しみ、そして元気に ~旅して応援「ふくおか応援割」~(再生時間4分0秒)

平成29年7月九州北部豪雨の被災地やその周辺の地域には、温泉、伝統工芸品、観光農園、英彦山など、魅力的な観光スポットがたくさんあり...

あなたの働きたいを応援します! 福岡県の就職支援(再生時間8分51秒)

福岡県では、さまざまな年齢、環境の方に応じてきめ細かな就職支援を行っています。 福岡県が行う就職支援を担う8つのセンターをご紹...

【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】しこふむ地域でフォトラリー(再生時間4分0秒)

しこふむ地域とは、新宮町、古賀市、福津市、宗像市の4つの地域のこと。 12月20日までの間、しこふむ地域の写真を撮って応募...

【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】福岡大好き!サークル“ふくおか研”始動!(再生時間4分0秒)

今回から始まる「飛び出せ!サークル“ふくおか研”」。大学生リポーターが県内各地に飛び出し、県の魅力や取り組みを学びな...

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

福岡県は日本でも有数の洋ランの産地で、昭和30年代から栽培が始まりました。
出荷まで半年~2年半と長い年月がかかる洋ラン。
そんな生産者の技術や努力、愛情がたっぷり入った洋ランの美しい姿を長く楽しむための ポイントもお伝えします!

福岡の洋ラン

福岡の洋ランの画像

リポーター(武田 直子): いやあ、とても綺麗ですね。
空間を華やかに演出する、お花界のダイヤモンドと 言われる「洋ラン」。
実は福岡県は日本でも有数の洋ランの産地なんです。

洋ランは、福岡県で広範囲で栽培されているお花の一つ。
見るものを魅了する美しい花に育つまでには、 半年~2年という長い年月がかかるそうです。

最大限の美しさを引き出すためには、匠の技、卓越した観察力、長年の経験、 そして生産者の”まごころ”と”こだわり”が不可欠だそうです。

三坂園芸

三坂園芸の画像

レポーター: そんな生産者の三坂さんです。
よろしくお願いします。

三坂さん: よろしくお願いします。

レポーター: 福岡の洋ラン栽培はいつごろから始まりましたか?

三坂さん: 昭和30年代から生産を始めています。

レポーター: そうなんですね。
どういった地域で主に栽培されているんですか?

三坂さん: 糸島市、久留米市、八女市で盛んに栽培をやっています。

レポーター: 全国的にも生産高が高いと伺ってますが…

三坂さん: 胡蝶蘭、オンシジューム、シンビジューム、デンファレ、カトレアと、5大品種があり、全国で3位の生産高があります。

レポーター: こちらでは、どういった品種を育てていらっしゃいますか?

三坂さん: 私のところでは、胡蝶蘭の鉢物。
10種類4万株生産しています。

胡蝶蘭の栽培

胡蝶蘭の栽培の画像

レポーター: 胡蝶蘭を育てているときに、どんなことに気をつけてらっしゃいますか?

三坂さん: 胡蝶蘭の部屋の環境作りが一番気を付けているところです。
暑い時、寒い時ありますから、冷房を使ったり、暖房を使ったりして植物の一番好きな環境を作るというところに気をつけています。

他には水管理、光、湿度など、大変気にしてます。

レポーター: すごくデリケートなお花なんですね。

三坂さん: そうですね。

レポーター: 胡蝶蘭は他の花と比べて、出荷されるまでに育てる期間が長いと聞きましたが…

三坂さん: 作り方によって違いますが、ここでは2年半くらいかけて、少し時間を長くかけて栽培しています。

レポーター: 思いもたくさんこもってるんですね。

洋ランの育て方

洋ランの育て方の画像

レポーター: 洋ランは贈答用としても人気がありますよね。
実際に買ったり、頂いたりしたら、どういうことに気をつけて育てたらいいですか?

三坂さん: 特に12月から2月いっぱいは暖かいところに置いていただいた方がいいです。
春からは、窓越しの直射日光の当たらないところに置いていただければ、花は長持ちすると思います。

レポーター: 温度に気をつけることですね。 水やりはどうしたらいいですか?

三坂さん: 冬場は霧吹き程度でいいと思います。

レポーター: やりすぎないことですね。
洋ランの寿命はどのくらいなんですか?

三坂さん: 2か月から3か月は、そうやったら持つと思います。

レポーター: もし枯れてきたかなと思ったらどうしたらいいですか?

三坂さん: 花が終わったら、節がありますから、4節~5節くらいで切ると、もう一度、花が咲きます。 2度見れると思います。

レポーター: そうなんですか! いいこと聞きました。

エンディング

エンディングの画像

レポーター: 洋ランは種類も色も豊富。心まで豊にしてくれる洋ランを楽しんでみませんか?

三坂さん: 福岡の洋ランをよろしくお願いします。