サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

春日の婿押し

再生時間
5分29秒
更新日
2016-02-10
タグ
観光
春日市

同じチャンネルの動画を見る

歩いてめぐる福岡県! 九州オルレ 久留米・高良山コース(再生時間6分36秒)

九州オルレ久留米・高良山コースをご紹介します。 コースには、高良山の豊かな自然や国の重要文化財である高良大社など、 見どころが...

歩いてめぐる福岡県! 九州オルレ みやま・清水山コース(再生時間6分45秒)

山野を歩き、その土地の自然を体いっぱいに感じるトレッキングコース「オルレ」。 韓国・済州島発祥のオルレですが、九州でも姉妹版の...

宗像大社秋季大祭(10月1日みあれ祭~10月3日高宮神奈備祭)(再生時間7分26秒)

平成29年7月に世界遺産に登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」。 その構成資産である宗像大社の秋の大祭をご紹介...

芦屋の八朔行事(再生時間2分11秒)

県の無形文化財に指定されている芦屋町の「芦屋の八朔行事」をご紹介します。 八朔とは旧暦8月1日のことで、初めての八朔を迎え...

水田天満宮「千燈明」(再生時間3分50秒)

県の無形文化財に指定されている筑後市 水田天満宮の「千燈明」をご紹介します。 水田天満宮千灯明花火大祭として、毎年8月25日...

あなたにおすすめ

【福岡県庁知らせた課】のんびり島散歩~スナメリに会える!藍島(あいのしま)~(再生時間4分0秒)

福岡県内には8つの離島があり、福岡県離島振興協議会が発行するパンフレット「ふくおか島散歩」では各島の見どころが掲載されています...

平成30年5月17日知事定例記者会見(再生時間44分58秒)

発表事項 ・麻しん(はしか)の感染拡大について ・障がいのある人への合理的配慮ガイドブック(施設利用、情報提供、意思表示の受...

【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】IoTで便利な社会を実現~LoRaWANでつながる地域の安心安全~(再生時間4分0秒)

福岡県では、IoT推進ラボの取組みとして、ふくおかIST、糸島市、民間企業と協働で糸島市全域を網羅するLoRaWANゲートウェ...

【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】福岡大好き!サークル“ふくおか研”始動!(再生時間4分0秒)

今回から始まる「飛び出せ!サークル“ふくおか研”」。大学生リポーターが県内各地に飛び出し、県の魅力や取り組みを学びな...

【福岡県庁からのお知らせ】「& SAKE FUKUOKA」(再生時間33秒)

福岡史上最大の酒イベント開催! 福岡県内の55の酒蔵が一挙に集結。 予約困難なあの飲食店も参加決定。 5月26日~5月27日...

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

国指定の重要無形民俗文化財の伝統行事「春日の婿押し」をご紹介します。
春日市の春日神社で毎年1月に開催されるこの行事は、前の年に結婚した婿を締め込み姿 の男たちが手荒く押して祝福する全国的にも珍しい祭りです。

場所 春日市春日
時期 1月第2日曜日
指定名称(国指定) 春日の婿押し

春日の婿押し

春日の婿押しの画像

福岡県の春日神社に、古くから伝わる伝統行事「春日の婿押し」。
去年結婚したばかりの婿を締め込み姿の男たちが手荒く押して祝福する全国でも珍しい祭りです。

春日神社

春日神社の画像

福岡県春日市に鎮座する春日神社。

その始まりは、後の天智天皇となる中大兄皇子がこの地に天児屋根命(アメノコヤネノミコト)を祀ったことに由来すると伝わっています。

やがて768年、太宰大弐であった藤原田麿が、故郷である大和の国(現在の奈良)の春日大社から、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)をはじめ、3柱の神を迎え、社殿を創建しました。

 

新婚夫婦お披露目と門出

新婚夫婦お披露目と門出の画像

この神社に伝わる伝統行事が、成人の日の前日に行われる「春日の婿押し」です。

去年結婚したばかりの夫婦が、儀式の主役です。

氏子の長老らが一堂に会した宿で、花婿の挨拶、花婿と花婿抱きの盃などの一連の「宿の行事」が行われ、新婚夫婦のお披露目と門出を祝います。

祭りの起源には諸説あり、定かではありませんが、 平成8年(1996年)には国指定の重要無形民俗文化財に指定されています。

樽せり

樽せりの画像

宿の行事が終わると、花婿を含む氏子たちがいっせいに締め込み姿になり、神宮の前で御祓いを受けます。

青年団長が樽の中に入った三合三勺、 およそ0.6リットルの御神酒を一気に飲み干します。

続いて祭りのクライマック。御池での樽せりです。 およそ50人の男たちが勇壮に水しぶきを上げ、 神酒樽(みきだる)を割ります。

樽の木片は開運を呼ぶとされ、割られた樽の一片を手にした人がこれを神棚に供え、五穀豊穣と開運を祈願します。

樽せりが終わると、春日川へお汐井(おしおい)取りに行き、その帰る足で一斉に拝殿に駆け上がって参拝します。

花婿を中心に拝殿の中でもみ合う拝殿もみ。 幼児がもまれると健康に育つと言われています。

最後に鳥居前に移動して、若水祝い(わかみずいわい)が行われます。 花婿を囲み、一堂が手ぬぐいを花婿の頭上にかぶせ、祝い唄をうたいます。

若水を勢い良くかけられると、左義長(サギッチョ) の周りで手打ちをして、終了となります。

春日の婿押し。年はじめに行われる水祝いの習俗を 残す、西日本の数少ないお祭りです。

マップ

周辺の動画

クローバープラザ(再生時間57分19秒)

福祉・介護人材定着促進フォーラム/パネルディスカッション

クローバープラザ(再生時間1時間0分26秒)

福祉・介護人材定着促進フォーラム/事業所での実際の取組み・成果の発表

クローバープラザ(再生時間49分21秒)

福祉・介護人材定着促進フォーラム/基調講演