サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

八女すだれ

再生時間
4分37秒
更新日
2015-03-31

同じチャンネルの動画を見る

第22回女性伝統工芸士展(再生時間3分34秒)

6月13日~18日、アクロス福岡で女性伝統工芸士・作家による作品を展示する「第22回女性伝統工芸士展」が開催されました。 会場...

今宿人形(再生時間3分9秒)

福岡県知事指定特産民工芸品「今宿人形」をご紹介します。 代表的なものに、火災・盗難よけの「猿面」や「笹野才蔵」、「おたふく面」な...

天然樟脳(再生時間6分6秒)

防虫剤などとして人々の暮らしを支え、現在では、アロマ(香料)としても 注目される福岡県知事指定特産民工芸品「天然樟脳」をご紹介し...

博多おきあげ~重なる布のぬくもりと美しさ 受け継がれる博多の押絵~(再生時間6分27秒)

布や綿を使い立体的に盛り上げる押絵細工、手描きの面相(顔)の繊細さが魅力的な福岡県知事指定特産民工芸品「博多おきあげ」をご紹介...

八女すだれ(再生時間4分37秒)

竹を使った工芸品の製造が盛んな八女地域で、古い歴史を持ち、一つ一つ緻密なで作業で作られる工芸品「八女すだれ」をご紹介します。

あなたにおすすめ

【福岡県庁からのお知らせ】ベトナム・ハノイフェア(再生時間15秒)

福岡県とベトナム・ハノイ市の友好提携から10周年を記念して、ベトナム・ハノイフェアを開催! 7月31日~8月1日に大丸福岡天神...

平成30年7月12日知事定例記者会見(再生時間32分25秒)

発表事項 ・7月5日からの大雨に関する対応について

自転車で行こう!~糸島観光めぐり~(再生時間7分42秒)

新鮮な農産物や海産物の直売所、工房やショップ、 カフェなどが点在している魅力いっぱいな『いとしま』をサイクリングしながら巡ります...

平成28年度 福岡県消防操法大会(再生時間2分42秒)

消防団員の消防技術向上と士気の高揚を図り、地域における消防活動の充実を目的として、9月11日、福津市の福岡県消防学校で、消防操...

道原楽(再生時間20分5秒)

場所 北九州市小倉南区道原 時期 不定期 指定名称(県指定)  道原楽

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

竹を使った工芸品の製造が盛んな八女地域で、古い歴史を持ち、一つ一つ緻密なで作業で作られる工芸品「八女すだれ」をご紹介します。

オープニング

オープニングの画像

レポーター:
八女すだれをご存知でしょうか。
古い歴史を持ち、ひとつひとつ緻密な手作業で作られる工芸品です。
今回は、福岡県知事指定特産工芸品、「八女すだれ」をご紹介します。
 
ナレーション:
八女提灯や八女福島仏壇など、竹を使った工芸品の製造が盛んな八女地域。「八女すだれ」も、この地域の豊富な竹を使って、古くから作られてきました。

八女すだれとは

八女すだれとはの画像

レポーター:
八女すだれについてお話を伺います、鹿田産業 鹿田さんです。
よろしくお願いします。
 
鹿田さん:
よろしくお願いします。
 
レポーター:
八女すだれはいつ頃から作られているのでしょうか?
 
鹿田さん:
明治時代からこの地方では作られているんですが、弊社が作り始めたのが大体100年ぐらい前からです。
 
レポーター:
深い歴史があるんですね。
 
鹿田さん:
はい。あります。
 
レポーター:
どういった特徴があるんですか?
 
鹿田さん:
八女すだれというのは、八女で生産されていること、
八女産の竹を使用していること、
足踏み織機で編んでいること、
編む際に使う糸、縦糸はねじり編みという技法で編まれていること
竹には節がありまして、その節を揃えていること、
縁を手縫いで編んでいること、
これが八女すだれの特徴です。
 
レポーター:
この縁の部分の模様もすごく綺麗ですよね
 
鹿田さん:
これは久留米絣の縁です。
久留米絣は実は広川町で生産しております。
弊社のすだれをコラボして久留米絣の縁付きの八女すだれを作ってみました。
 
レポーター:
実際に作っているところを見たいんですけど・・・。
 
鹿田さん:
是非おねがいします。
 

 

八女すだれの材料

八女すだれの材料の画像

レポーター:
工場にやって来ました。
今手に持たれているのが・・・
 
椿さん:
材料の竹はもともと4mありますが、それを4分割にしています。
ちょっと(竹ひごに)山がでているかと思いますが、これが高くなっている方が表になります。
その間隔を合わせ、色合せして編み始めます。

編みこみ

編みこみの画像

レポーター:
こちらの作業は何をされているのでしょうか。
 
椿さん:
厳選した竹を丁度一枚分を機械に乗せまして、節を合わせ編んでいるところです。
竹の表と裏を交互に編んでいます。
職人さんの手の感覚で、竹の裏か表かわかりますのでそれで編み上げていきます。

縁つけ

縁つけの画像

レポーター:
この作業が縁つけなんですね。
 
椿さん:
そうです。
 
レポーター:
この作業のポイントはなんでしょうか。
 
椿さん:
同じ間隔で綺麗に編んでいかないと、下げた時にしわになったりしますので、同じピッチで綺麗に縫いあげていかないと良いすだれはできません。

ふさをつけて完成

ふさをつけて完成の画像

レポーター:
一枚のすだれができるまでどれくらいの時間がかかるんですか?
 
椿さん:
材料を切るところから仕上げるところまで、一ヶ月ぐらいはかかりますね。
 
レポーター:
そんなにかかるんですねー!
 
椿さん
ふさを付けまして、仕上がった状態になります。
 
レポーター:
高級感が増しますね!
 
本当に繊細で、暖かみがある製品だなと思います。
もっともっと身近に、感じられたないいなーって思いました。
 
椿さん:
がんばっていきます!
 
レポーター:
はい!ぜひぜひ頑張ってください!
ありがとうございました。

エンディング

エンディングの画像

伝統の技を守り緻密な手作業で作られ、趣のある八女すだれ。 
いつまでも大切にしていきたいですね。
 
鹿田産業のみなさん:
八女すだれ、よろしくおねがいします~!

マップ

周辺の動画

和華(再生時間4分2秒)

九州再発見巡りツアー「広川町に行こう!」

岩戸山古墳(再生時間4分42秒)

八女古墳群

八女市福島地区(再生時間3分50秒)

雛の里・八女ぼんぼりまつり