サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

農業せんね!福岡で~農業はじめてガイド~

再生時間
6分18秒
更新日
2015-01-28

同じチャンネルの動画を見る

「KOUGEI EXPO IN FUKUOKA」を開催しました(再生時間5分34秒)

 11月2日から4日の3日間、マリンメッセ福岡で「KOUGEI EXPO IN FUKUOKA(第35回伝統的工芸品月間国民会議全国大会)」を開催し...

【福岡県庁からのお知らせ】「九州・山口業界研究Week!」の参加者募集中!!(再生時間15秒)

12月11日(火)から15日(土)まで、朝日新聞メディアラボ渋谷分室で「九州・山口業界研究Week!」を開催します! 九州・山口...

“70歳現役を目指す”高齢者のための しごと・ボランティア合同説明会を開催しました(再生時間4分15秒)

 福岡県では、年齢に関わりなく、それぞれの意思と能力に応じて、職場や地域で活躍し続けることができる選択肢の多い「70歳現役社会...

「八女伝統工芸とニューヨークデザインコラボ事業 ~Made in YAME PROJECT~」が行われました(再生時間8分45秒)

「Made in YAME PROJECT」は、八女の伝統的な匠の技とニューヨークモダンデザインを融合させ、伝統工芸品の新しい形を制作するコラボ事...

【福岡県庁からのお知らせ】「福岡のおいしい幸せ」大晩餐会のチケット販売中!!(再生時間15秒)

11月22日(木)18時30分から20時30分まで、ホテルニューオータニ博多で「福岡のおいしい幸せ」大晩餐会を開催します! ...

あなたにおすすめ

【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】誰もがいきいきと働ける社会に!~優秀勤労障がい者~(再生時間4分0秒)

11月、「福岡県障がい者雇用促進大会」が開催され、優秀勤労障がい者に対し県知事表彰が贈られました。 番組では、今回表彰される...

“70歳現役を目指す”高齢者のための しごと・ボランティア合同説明会を開催しました(再生時間4分15秒)

 福岡県では、年齢に関わりなく、それぞれの意思と能力に応じて、職場や地域で活躍し続けることができる選択肢の多い「70歳現役社会...

【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】福岡大好き!サークル“ふくおか研”始動!(再生時間4分0秒)

今回から始まる「飛び出せ!サークル“ふくおか研”」。大学生リポーターが県内各地に飛び出し、県の魅力や取り組みを学びな...

【福岡県庁知らせた課】届けたい かけがえのない生命のメッセージ~飲酒運転撲滅キャンペーン~(再生時間4分0秒)

飲酒の機会が増える年末が近づいています。 今回の番組では「飲酒運転は絶対にしない、させない、許さない。そして、見逃さない」と...

福岡県 薬物乱用防止啓発用DVD(再生時間43分7秒)

<薬物乱用防止解説映像> 手を出したらゼッタイにダメ!~薬物の危険な話~ <薬物乱用防止ドラマ> 薬物使用のその先に…...

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

全国第14位の農林水産業県・福岡県。
「あまおう」「とよみつひめ」「夢つくし」など、高品質な農産物の産地としても知られます。
そんな福岡県で農業を仕事にするにはどうすればよいのでしょうか? 就農までの流れを動画でわかりやすくお伝えします。

の画像

九州一の大都市圏を抱える福岡県。
実は豊かな自然に育まれた、魅力あふれる農畜産物の宝庫です。
 
今や全国区となった、福岡の高品質な農産物。
また、福岡市、北九州市という大都市を抱える福岡県。
地元農林水産物を地元で消費する「地産地消」を実現するには絶好の立地です。
それでは、福岡県で実際に就農するにはどうしたらいいのでしょうか?
 
就農するまでには、情報収集、生活基盤の確保、資金の確保、知識と技術の習得が必要です。この動画で一緒に見てみましょう。
 
まずは情報収集をしましょう。
インターネットをつかったり、また、毎年2回開催されている、ふくおか農林漁業新規就業セミナー・就業相談会に参加してみましょう。
このセミナー・相談会では、最近就農した方が体験談を語るセミナーや、各市町村・農業法人の相談ブースが設置され、さまざまな話を聞くことができます。
この他にも、県内各地で就農相談会が開催されています。
 
ある土地で実際に就農するには、農地の取得、住居の確保などを行わなくてはなりません。また、家族と引っ越してくる場合には、学校や病院といった生活に関する情報の収集までやらなくてはいけないことが沢山あります。
このほかに、農地や農機具の購入資金、経営が軌道に乗るまでの経営資金、生活資金など、
資金の問題も大切です。
 
県内の約20市町村では、営農から資金支援、生活面まで農業に関するあらゆる相談に応じるワンストップ窓口を設置しています。
資金面では、就農する人のための支援資金も活用できます。
 
就農の気持ちが固まったら、知識・技術を身につけましょう。
福岡県農業大学校研修科では、1年間でイチゴ、トマト、アスパラガスなどの施設野菜や花の栽培技術を学ぶことができます。
 
また就農を希望している地域で、約1ヶ月間、先進農家研修をおこなっています。
農業技術の習得はもちろん、地域の方とのつながりや地域活動への参加なども重要な研修内容です。
 
その他、市町村などが主催する農業研修、先進農家などにおいて研修、体験農園に参加など、農業大学校を含め、いろいろな方法で知識・技術の習得しましょう。
 
就農までの流れはつかめましたか?
それでは実際に、これらのサポートを利用した皆さんのお話を聞いてみましょう。
 
就農後も普及指導センターでは、新規就農者を対象とした研修講座を実施しています。
また、就農支援制度を設けている市町村もあります。
 
就農のイメージはわいてきましたか?
さあ、ここからが農業者としての第一歩です。