サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

赤坂人形

再生時間
5分41秒
更新日
2015-01-08

同じチャンネルの動画を見る

第22回女性伝統工芸士展(再生時間3分34秒)

6月13日~18日、アクロス福岡で女性伝統工芸士・作家による作品を展示する「第22回女性伝統工芸士展」が開催されました。 会場...

今宿人形(再生時間3分9秒)

福岡県知事指定特産民工芸品「今宿人形」をご紹介します。 代表的なものに、火災・盗難よけの「猿面」や「笹野才蔵」、「おたふく面」な...

天然樟脳(再生時間6分6秒)

防虫剤などとして人々の暮らしを支え、現在では、アロマ(香料)としても 注目される福岡県知事指定特産民工芸品「天然樟脳」をご紹介し...

博多おきあげ~重なる布のぬくもりと美しさ 受け継がれる博多の押絵~(再生時間6分27秒)

布や綿を使い立体的に盛り上げる押絵細工、手描きの面相(顔)の繊細さが魅力的な福岡県知事指定特産民工芸品「博多おきあげ」をご紹介...

八女すだれ(再生時間4分37秒)

竹を使った工芸品の製造が盛んな八女地域で、古い歴史を持ち、一つ一つ緻密なで作業で作られる工芸品「八女すだれ」をご紹介します。

あなたにおすすめ

福岡県立八幡中央高等学校書道部 書道パフォーマンス(再生時間6分8秒)

8月29日、福岡県庁で、福岡県立八幡中央高等学校 書道部による書道パフォーマンスが行われました。 福岡県立八幡中央高等学校 ...

【福岡県庁知らせた課】安全と豊穣を願い、舞う~伝統行事・山野の楽~(再生時間4分0秒)

県指定無形民俗文化財である「山野の楽」は、水神に安全や豊穣を願う嘉麻市の伝統行事です。例年、秋分の日である9月23日に行われる祭事...

自転車で行こう!~糸島観光めぐり~(再生時間7分42秒)

新鮮な農産物や海産物の直売所、工房やショップ、 カフェなどが点在している魅力いっぱいな『いとしま』をサイクリングしながら巡ります...

【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】北九州で生まれたユニークな凧~孫次凧~(再生時間4分0秒)

福岡県知事指定特産民工芸品は、福岡県で製造される郷土色豊かで技術・技法が50年以上の歴史があり、今日まで継続している工芸品・民...

早味かん(再生時間3分20秒)

とろけるような食感でジューシー! 県産みかんのトップバッター「早味かん」をご紹介します。

  • 動画資料館
  • 動画で見る 福岡観光コース
  • ふくおかインターネットテレビモバイル

江戸時代、有馬藩の御用窯として栄えた赤坂焼の産地・筑後市赤坂に伝わる、素朴であたたかい土人形「赤坂人形」をご紹介します。

オープニング

オープニングの画像

レポーター:
赤坂人形をご存知でしょうか。
「ててっぽっぽ」の愛称で親しまれ、素朴ながらも深い味わいがある民芸品です。
 
今回は、福岡県知事指定特産民芸品、赤坂人形をご紹介します。

赤坂人形とは

赤坂人形とはの画像

ナレーション:
江戸時代中期頃から、有馬藩の御用窯・赤坂焼の産地として栄えた筑後赤坂の里。
 
その地の窯元で働いていた陶芸職人たちが本業の傍ら制作していたものが、実は赤坂人形のルーツと言われています。

ててっぽっぽ

ててっぽっぽの画像

レポーター:
5代に渡って赤坂人形を作り続けている、
職人の野口さんです。
よろしくお願いします。
 
野口さん:
よろしくお願いします。
 
レポーター:
赤坂人形は、素朴でとっても可愛いですね。
 
特徴はどういったところにあるのでしょうか?
 
野口さん:
赤坂人形はですね、両方に型がありまして、それに粘土を詰めて作ります。
そして、合わせたところを耳と申しまして、耳が残っているのが一番の特徴です。
そして赤坂人形は昔、赤坂のててっぽっぽという名前だったんですけど、ごらんのようにあんまり綺麗ではない、素朴だということで皆さんに好かれております。
(ててっぽっぽとは筑後の古い方言で不器用な人を意味します。)
 
レポーター:
どのような材料で作られているんですか?
 
野口さん:
赤坂は赤い粘土の土地がありまして、池の下などにいい粘土があったんでそれを使っております。
 
レポーター:
では実際に赤坂人形を作っているところを見せてもらってもいいですか?
 
野口さん:
いいですよ。

かいねり

かいねりの画像

レポーター:
野口さん今は何をやられてるんですか?
 
野口さん:
粘土をこねているのですが、貝殻のように練る「かいねり」をしています。
全身の力を使い、両手でうまく練りあがるように練ならいかんです。

粘土を型詰め

粘土を型詰めの画像

レポーター:
次は何をやられてるんですか?
 
野口さん:
今、粘土を型にはめているところですね。
出来上がったときにうまく外れるように、かまどの灰をまぶして、粘土を両方の型に詰めているところですね。
両方の指で綺麗に押さえて合わせないかんですね。
抑えるときも片方づつ抑えないと、両方抑えると型がぱちんと割れますから片方づつ力を入れます。
 
レポーター:
それでここが先ほど言われていた耳の部分になるんですか?
 
野口さん:
そうですね。
今はちょっとこんな風な形になってますが、耳を残したまんま綺麗に仕上げるわけですね。
 
ナレーション:
十分に乾燥させ約800度の熱で素焼きをします。

絵付け

絵付けの画像

レポーター:
さぁ最後に絵付けですね。
 
野口さん:
そうですね。
 
レポーター:
色は何種類使うんですか?
 
野口さん:
大体もう3種類か4種類ぐらいですね。
で、口をつけて笛を鳴らしますから、吹く部分はそのままで仕上げます。
 
レポーター:
1つ1つ違ったものになりますね。
 
野口さん:
そうですね、やっぱりうまくできたりできなかったり・・・
素焼きして表面がざらざらしてるからですね。
なかなか色がうまくできないですね。
で、これが「ふくろう」で、大体完成です!

代々伝わる大事な型

代々伝わる大事な型の画像

レポーター:
型の種類はどれくらいあるんですか?
 
野口さん:
そうですね、25、6種類ぐらいで、そのうち笛が鳴るのが10種類くらいあります。
 
レポーター:
今後増えていったりするんですか?
 
野口さん:
いや、これは型がひとつしかありませんので、割れたり壊れたりすると非常に難しいところがあります。
 
レポーター:
伝統の技を守りながら、丁寧な手作業で作られ、素朴なぬくもりのある赤坂人形。
いつまでも大切にしていきたいですね。

 

マップ

周辺の動画

株式会社鹿田産業(再生時間4分37秒)

八女すだれ

岩戸山古墳(再生時間4分42秒)

八女古墳群

和華(再生時間4分2秒)

九州再発見巡りツアー「広川町に行こう!」